クレジットカードを持っていない彼氏や社会人についての感想や体験談。カードを持たないメリットやデメリット、彼氏に持って欲しいクレジットカードなどをご紹介。

クレジットカードをもっていない彼氏・社会人!持たないメリット・デメリットは?

現金払いにこだわる理由は?

お金持ちは現金主義?現金払いにこだわる理由は?①

投稿日:

あなたは現金派ですか?

クレジットカード派ですか?

クレジットカード払いを選ぶ方の大半の理由に

ポイントが付くからお得というのがあります。

では現金払いを選ぶ方にとって、

現金払いにこだわる理由とは一体何でしょうか?

今回は実際に現金払いの生活を送っている方々に

聞いてみた結果をご紹介していきます。

とてもおもしろい内容なのでぜひ読んでみてくださいね。

 

30代女性
現金払いにこだわる理由はまず災害が起きたときです。

手元にはクレジットカードと現金があるけれど、災害や地震や台風が起きたとき停電になったり、インターネットが使えない状態になることも多いです。もしクレジットカードに沢山貯金があってもインターネットや電気が使えないから機械を通して現金を払うことが出来ません。

仮に現金を沢山持っていたとしたらクレジットカードと比べて使い勝手がよく、災害が起こっても商品を普通に買えるというのがメリットにあるからです。

それからクレジットカードだと自分で貯金の管理をしにくいのがデメリットです。現金ならATMの機械で下ろしたときに、通帳に一緒に残高も書かれているし、あまり残高がないなら今あまりお金を使ってはいけないと思います。

しかしクレジットカードだと残高が少ないことに気づくのに遅れたりします。現金の方がいざ管理しやすいし、病院や困ったときにすぐ払えるのはどこにでもある現金払いです。

クレジットカードにあえてしないのは、こうしたクレジットカードが使えるときと使えないときがあるから、あまり役に立たないと感じるからです。現金払いだと友達と遊んで割りかんも出来るし、使い方も工夫出来ます。

20代後半女性
もちろんクレジットカードは持っているが、オンラインショッピングや家電製品など大型の買い物をするときにしか使ったことがない。たぶん日本に住んでいる人の半数以上は私と同じ状況だろうと思う。

欧米へ旅行に行った際に驚いたのは、どんなに小さな屋台やボロボロの個人商店でもカード決済用のマシーンが置いてあるということ。カード決済は当たり前という状況だ。お店で食事をしていると現金で払えるかどうかを確認するお客さんさえ時々やってくる。

現金で支払えない場合さえあるのだ。それくらいカード決済は便利なものなのだ。

けれども、私は現金払いが好きだ。現金払いの方が人と人とのコミュニケーションが生まれやすいと思うからだ。カード決済なら店員にいちいち値段を確認する必要はないし、お釣りの受け渡しでも会話が生まれる。

全てが便利になるのはとても効率のいいことだけど、ショッピングや食事は、自分というお客と店員、つまり人と人とが繋がれる機会でもある。その機会を持っているのは、少々手間のかかる圧倒的に現金払いの時の方が多い。

現金払いにこだわる派には、カード払いはなんとなく借金をしているようで気がひける…という理由だけでなく、こんな理由があることも知っていただけると幸いだ。

30代男性
世界中で電子決済、キャッシュレスが広がっている。日本は諸外国と比較したらキャッシュレスでは遅れているが、昔に比べたらかなり普及しました。

買物して会計に長い列に並ぶこともなく、財布の中から小銭も探す必要もない。わざわざ銀行でお金を下ろす必要もない。ネットで買物して、そのまま電子マネーで決済。手間をかけずにその場で支払いできる。手持ちが無くても欲しいものが買えてしまう。無茶苦茶便利である。

しかし、私は現金崇拝者である。
理由は3つあります。

まず一つ目は単に、無駄づかいが増えるからとか、使い過ぎちゃうとかではなくて、単純にお札が大好きなのです。特にピン札。
あの香りがたまらない。上品のある紙の匂い。
そして滑らかな触りごこち。
国策でいつかわなくなるお金。想像するだけで寂しくなる。

二つ目は、おじさん的発想だが。いまいち信用できない。不正に使われたりしないか心配である。世間を騒がせた仮想通貨流失が私の現金主義に拍車をかけました。

最後は、簡単に買物やサービスを受けることができて感動が少ない。一生懸命働いて得たお金を現金で払ってこそ、欲しいものを買えた喜び、最高なサービスを受けた時の感動を実感できる。逆にキャッシュレスで決済したら現実味を感じない。
私はアナログな現金主義です。

40代男性
現金払いにこだわる理由については、セキュリティーの部分が一番だと思います。しかしデメリットもあり、高額なものを購入する際に振込用紙をもらったり、それこそ現金を銀行から引き出して持ってくると言った行動をとる必要があります。

今はお金を引き出すにも手数料がかかったり、一日あたりの引き出しの限度額もある為中々現実的な現金払いも10万円くらいまでだと感じます。クレジットカードが信用になったりするケースもあり入院などの支払いは、やはり現金よりもカードで支払うケースの方が圧倒的に多くなります。

入院時にそれこそ現金を持ち歩くと盗まれる危険性も当然あり、クレジットカードだと暗証番号が判らないと使えないなどセキュリティーも逆にあったりします。

現金にこだわる事が悪い事ではありませんが、臨機応変さも大切なのかも知れません。使い方によってはポイントが貯まりそのポイントで更に買物が出来たりします。

現金の良さに関して言えば、スキミングの被害は無いから安心出来ます。しかしキャッシュカードも財布に入れて持ち歩くと落としたり盗難さられる危険性は当然あります。完全に現金だけを財布に入れて支払いはオール現金となれば良いでしょう。

 

現金にこだわる理由についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

安全性や使いすぎないよう管理できるというメリット、

単に現金の触り心地が好きなどいろいろありました。

クレジットカード払いだと無機質になりますが、

現金払いは店員とのコミュニーケーションも計れたりします。

クレジットカード払いにはクレジットカード払い、

現金払いには現金払いの良さがありますね。

次回は現金払いにこだわる理由のパート2をお送りします。

貴重な内容なのでこちらもぜひ読んでみてくださいね。

-現金払いにこだわる理由は?
-

Copyright© クレジットカードをもっていない彼氏・社会人!持たないメリット・デメリットは? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.